忍者ブログ

長いお別れにむけて

夏嫌い

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

1. 無題

右手を動かそうとしたら右足が引っ張られ、引かれた右足を戻そうとしたら左手が真上にピンと伸ばされた。伸ばされた左手を引いたら今度は、首手足が全部縮こまっちゃった。

そんな時期を生きるでもなく死ぬでもなく過ごしています。何が正しいか、そんなものは陳腐な質問だ。だけど、悲しいことに定形はある。

それでも私は貴方のその日々はかけがえのないもの、私には手の伸ばしようのない輝いた、色の濃い、匂いあるものに思えます。

キジトラのねこちゃんもきっとまた貴方に懐くはず。それで良いと思います。私もねこちゃんが欲しいです。毛の長い錆猫がいいです。

あいさつも他所に長いコメントを失礼しました。

2. 無題

酉輿黒羽さん
コメントありがとうございます。ここを読んでいる人はいないと思っていたので、驚きました。

なんだか、お互いにままならない日々を過ごしているようですね。この日記を書いたあと、あなたの言う通り、きじとらはわたしにまた懐いてくれるようになりました。忘れていたことを忘れてしまったみたいに(ややこしいですね)。

猫という生きものは、内田百閒が言う通り「運命の塊」で、ある日突然転がり込んできたりします。錆猫、渋くていいですよね。わたしも好きです。どうかあなたのところにも猫ちゃんが転がり込んできますように。そして、わたしとあなたの状況が少しでも良い方向に向かいますように。なんだか遠い地にいる戦友のように思ってしまいます。ぜひまた話しかけてください。すごくうれしかったです。ありがとう。

ただいまコメントを受けつけておりません。

夏嫌い

最近のこと、徒然と。




自分の生まれた街に帰ってきた。多分二度と戻らないと思っていた場所だったけれど、色々な手続きを踏んで、また「この街の住人」になった。なんだか眠くて仕方がない。




今日は、帰ってきてはじめて、ひとりでバスに乗って出掛けた。バスに乗るのも随分と久しぶりだ。車内アナウンスのトーンは変わらないし、バスの揺れも相変わらずだ。でも、車窓から見える色々なものが、少しずつ変わっている。見覚えのある街なのに、少しずつ変化していて、異世界にいるような気分になる。そのたびに具合を悪くしてしまう。わたしはここにちゃんと慣れていけるのだろうか。




本屋さんに寄って本を一冊買って、神社に行って写真を撮って、屋台でぽっぽ焼きを買って、それから商店街の中のお気に入りのお店で飲み物を買って、ベンチに座って遅い昼食をとった。どこまでもわたしはひとりだった。傘をさして、強くなった雨の中を一時間歩いて家に帰った(もちろん、家族には笑われた)。新しい靴のせいで、足がひどく痛んだけれど。でも、歩くのは好きなのだ。それに、歩いてみて、街の変化を間近に見ることが出来た。ひとつひとつ確認していく。そういう作業がしばらく続くのだろう。




びしょぬれになって川を見ていた。ボートが川の真ん中でくるりとUターンした。風が吹くたびに傘がしなった。夏は嫌い。でも、夏の雨は好き。特に、生まれた街の夏の雨は。




やっぱり、ここも自分の居場所ではないような気がする。息苦しい。でもどこだって同じだ。名前を呼ばれる。ここでは自分の名前がきちんと馴染む。先に実家に行っていたきじとら猫はすっかりわたしのことも三毛のことも忘れていて、多分こういうことの連続なのだなと思うと、やっぱり悲しくて、与えられた和室で、ひとりで泣いた。
PR

コメント

1. 無題

右手を動かそうとしたら右足が引っ張られ、引かれた右足を戻そうとしたら左手が真上にピンと伸ばされた。伸ばされた左手を引いたら今度は、首手足が全部縮こまっちゃった。

そんな時期を生きるでもなく死ぬでもなく過ごしています。何が正しいか、そんなものは陳腐な質問だ。だけど、悲しいことに定形はある。

それでも私は貴方のその日々はかけがえのないもの、私には手の伸ばしようのない輝いた、色の濃い、匂いあるものに思えます。

キジトラのねこちゃんもきっとまた貴方に懐くはず。それで良いと思います。私もねこちゃんが欲しいです。毛の長い錆猫がいいです。

あいさつも他所に長いコメントを失礼しました。

2. 無題

酉輿黒羽さん
コメントありがとうございます。ここを読んでいる人はいないと思っていたので、驚きました。

なんだか、お互いにままならない日々を過ごしているようですね。この日記を書いたあと、あなたの言う通り、きじとらはわたしにまた懐いてくれるようになりました。忘れていたことを忘れてしまったみたいに(ややこしいですね)。

猫という生きものは、内田百閒が言う通り「運命の塊」で、ある日突然転がり込んできたりします。錆猫、渋くていいですよね。わたしも好きです。どうかあなたのところにも猫ちゃんが転がり込んできますように。そして、わたしとあなたの状況が少しでも良い方向に向かいますように。なんだか遠い地にいる戦友のように思ってしまいます。ぜひまた話しかけてください。すごくうれしかったです。ありがとう。

プロフィール

HN:
手羽先700
性別:
非公開

P R