忍者ブログ

長いお別れにむけて

上手に死ぬために

色々なことを諦めた。諦めきれぬと諦めた、なんて都々逸もあるけれど、わたしはもうきっちりと、諦めてしまった。手放してみれば、「頭ダメにするまでがんばったりする必要ない」という例の歌詞の通りで、わたしは頭をダメにしてどんどん自分を追い詰めてここまで来たけど、そんなことする必要なかったんだなあ、と少しは笑えた。わたしは何度も言っているけど自分の選択に後悔というものをしないので、今回のことについても「もっと早く諦めていれば」なんて思わない。今ここでしかこの選択はできないものだと思っている。正しいとか正しくないとかではなくて。



大した能力もないのに、焦燥感に追い立てられて、自分の好奇心にいつか殺される。それでもまだわたしはなにかしらを書き続ける。いろんなことを諦めて、捨てて、だめにして、どこへ行くのかもわからないけれど、相変わらずいつまで経っても渇いていて、求めてばかりだけれど、こわくてたまらないけれど、ワイルドサイドでスキップし続ける。みんなに笑われながら。
PR

コメント

プロフィール

HN:
手羽先700
性別:
非公開

P R